今日、お仕事に行くとき、電動自転車のバッテリーをセットしました。

充電もバッチリ出来ているしこれで、二往復は大丈夫さ!と
余裕綽々で気分良く出勤したまでは問題なかったのですが・・・

5文程走行した時、何やら予期せぬかすかな音がしました。
あれ?バッテリーの目盛りが1つ減っている!いや、そんなはずはない。
とあれやこれやと考えていると、ちょうど一年前の苦い出費のことを思い出しました。

当初、10万円で買った電動自転車の乗り心地の良さを感じながらアシストライフを満喫していました。
それか数ヶ月経過した頃から、今日のような現象が起こりました。
軽い気持ちで、自転車屋さんへ行き、バッテリーのことをお話すると、
すぐにバッテリーのチェッカーなる物で、バッテリーの状態を見てもらいました。

結果・・・充電する時に全部空になってから充電してます?と聞かれ、
その瞬間母がバッテリーが、中途半端な減った状態で、
その上から次々に充電を繰り返しバッテリーをダメにしたことがあったことを思い出しました。

親子揃って同じ失敗をしてしまい、さらに、学習能力のない私。
結局、3万円の新しいバッテリーを買うはめになってしまいました。
今日のバッテリーの減りが早いのは、多分充電が最後まで出来ていなかったのかも。
などと、都合の良いように考えてしまうのですが、
実際は、バッテリーが空になってまた充電を満タンにした状態で、自転車に乗ってみないとわからないのです。

神に祈る気持ちで、どうか、とほほな出費になりませんように!

Comments are closed.