痩身のためにエステに通おうと考えている女性は、とても多いと思います。
痩身エステには様々な施術があり、どの店舗でも他のエステとの差別化を図り、異なるメニューをたくさん出していたり、そのエステオリジナルの施術があったりもします。

その中でも大きく分けると、マシンを使う施術か、オールハンドの施術かに分けられます。
マシンは、セルライトを潰して柔らかくするもの、高周波、低周波、超音波などを使用した施術などが挙げられます。

最近だとラジオ波やキャビテーションが即効性があり、痩身エステに通う回数もさほど多くないということで、人気が出ています。部分痩せにも強いという点も人気の理由です。ですが、お肌に何かしらトラブルがある場合は、マシンによる刺激が強すぎるので、断られてしまうこともあります。

一方、オールハンドのエステでは、じっくりとエステティシャンの手で施術を行って貰えるので、リラクゼーション効果があり、エステに通うことが楽しみになります。
マシンにはない、心地よさと人の手のぬくもりを感じることができ、それなりにしっかりと効果を実感することができます。

どちらとも効果はしっかりと実感できるので、どちらが自分に合うのか、体験コースなどを受けて検討してみるといいですよ。

また、マシンで脂肪をある程度ほぐした後、ハンドマッサージを行ってくれるエステもあります。
楽しみながら通えるような、何度も通いたくなるような魅力的なエステに巡り合えるといいですね。
自分に合うエステを探すことが、本格的なダイエットの第一歩となりますよ。

日当たり不良真ん中の部屋

Posted 4月 2nd, 2014 by user

最近、めっきり春めいてきましたね。
暖房いらずの過ごしやすいよい日々です。
よい日々ですが、うちの部屋はアパートの真ん中の部屋で、
かつ目の前にマンションがあるので日当たり不良です。
洗濯物が乾きゃしねえ!

仕事用の制服とか夜洗って、朝たたんで持っていくので乾かないと辛いです。
生乾きくさいし。そもそも、上の服は予備があるからいいけど、下のズボン予備ないし!
乾いてなくても必要なんだもん。

他の人はどうしてるのかな?
乾燥機ある家庭はそれ使ってるんだろうけど、うちみたいになくて乾きにくい家の人のいい対策あったら知りたいな。

あ、そうか、ネットでググればいいのか(笑)
なんか、現代人のはずなのにすぐにネットで調べたりする習慣ないんだよなー。

お手軽でいい対策が見つかるといいな!

春は曙って言いますよねー

Posted 4月 1st, 2014 by user

こんにちは、またはこんばんは。

最近、やっと暖かな陽気になりましたねー。
そんな私は今重大な問題がっ!!
それは暖かい陽気につられて眠くなる事です・・・。
春の暖かな日差しと寒くもなく暑くもない、いい風が眠りを促進させるのです!!

ので、朝はもっぱらコーヒー飲んでます( ´艸`)
でも、中々効かなくてやっぱりうつらうつらしてしまいます。
友人からのアイデアで、ミントのタブレットとかも試してます。
これは結構いいです(ノω`*)

スッキリしますし、息リフレッシュ出来ますので。
皆様も段々暖かくなると、ボーっとした人が増える季節でもあるので
くれぐれも道路や信号などでは十気を付けてくださいね☆

後、買い物した時とかも定員さんがレジミスとかある場合も増えたりしますので注意です( ̄ー ̄)

ああ、再放送プリーズ

Posted 3月 30th, 2014 by user

妄想日本料理という番組をご存知だろうか?

NHKで放送されていた番組なのですが
なんとも斬新な番組で初めて見たときは驚いた。

内容はというと日本語を知らない外国人の料理人に
日本料理の名称とざっくりしたイメージを教えて
その料理を妄想で作ってもらうという番組です。

たとえば「大福」がテーマだと

○何かで何かを包む
○腹持ちがいい
○福をもたらす縁起のいい食べ物

上のようなヒントを元に現地の食材と調理法で「大福」を作るのです。

そのときはイタリア人シェフやバリのお菓子屋さんが挑戦して
それぞれの「大福」を完成させていました。

イタリアでは縁起のいい食べ物は唐辛子なんだって!
その国の文化もわかったりしてためになります。

実際に日本のスタジオで同じものを作ってみたりもします。

実に面白い番組だったのですが、最終回を迎えてしまいました
私は3回くらいしか見られなかったのですがもっと早く知っていれば・・・と悔やまれます。

春休み。早く終わってくれ~

Posted 3月 29th, 2014 by user

子供の頃はあんなに楽しみだった学校の長期休暇。今は春休みシーズン。
親になって初めて母親がよく言っていたことが分かるようになった。

「休みなんていらないのに!学校がずっとあればいいのに!」

お母さん、同意見だよ・・・

子供たちが1日家にいると喧嘩が増えるわ、部屋は散らかるわで毎日大変。
今は幼稚園だから宿題が無いけど小学生になったら宿題の世話まで発生するわけで・・・

耐えられない!!春休みと冬休みは短いからまだいいけど夏休みなんて考えただけでも恐ろしい。
去年も毎日てんやわんやだったなぁ。

子供たちとゆっくり一緒いられるから幸せなんだけどね。

って、そんなキレイにはまとめられない!!

でも子供たちにとっては楽しい春休み。
良い思い出になるように楽しく過ごせるようにしてあげなくちゃな☆

長女の卒園式がありました。

Posted 3月 28th, 2014 by user

長女も早いもので、6歳の誕生日も迎え、卒園式に出席しました。
思えば長子だったからか、初めての育児でわからなかったからか、
大きすぎる期待をかけてしまっていたように思います。

本人も「私がしっかりしないと!!」と、頑張りすぎてしまうこともあったでしょう。
親が子供に甘えてしまっている部分も否定できません。
甘やかして、スキンシップを十分にとって、時間をかけて…、とできるのが理想ですが、
下に弟と妹がいるために、そちらにかかりきりになってしまい、我慢をさせていたことと思います。
最近では「お洗濯物たたむのお手伝いするよ!」と、とても頼もしいです。

そう、本当に頼もしいです。

きょうだいの真ん中にあたる、3歳の長男は手がかかり、困ることが多いです。
そんな時も、長女は長男を諭したり、まるで小さなお母さんです。
でもまだ6歳の子供、期待しすぎず負担をかけすぎず、一緒に大きく成長して行けたらと思っています。
頼りない母親でごめんね。

もうすぐ4月、増税間近・・・

Posted 3月 26th, 2014 by user

買い物に行くたびに見る「増税」の文字。
買い置きを煽っていたり、見るとかなり重い気持ちになる。

カートにおむつやらトイレットペーパーやらをどっさり積んでる人もいるし、
私も買っておかなくちゃいけないかも!と焦ったり。
車とか何百万もするものならともかく、百円、千円単位の物なんて買いだめしたってたかが知れてるし、
そんなに置く場所もないんだよね。

北欧みたいにものすごく税金が高いけど、その分生活に関わるところできちんとその税金が使われてるならともかく、
日本ってその辺不透明すぎる。ただただ生活が苦しくなるだけのような・・・

年金も生きてる間に貰えるのか?って感じだし、老後も安心出来ない。
明るい未来が描けないって寂しいなぁ。

花粉の季節を乗り切れるのか?

Posted 3月 20th, 2014 by user

先週あたりから、スギ花粉の飛散量がピークを迎えているようです。
私は毎年この季節、市販の強いお薬で鼻水を止めないとどうしようもない状態になるのですが、
今年はピタッと症状が出ていませんでした。

なぜか、私の代わりに去年まで何ともなかった旦那が鼻をズビズビ言わせていて気の毒です。
私の身代わりをしてくれるなんて、なんて優秀な旦那なんでしょうか。

しかし…
昨日今日、どうも鼻がムズムズ、鼻水がするりと垂れてきます。
一気に集中力低下、仕事のミスも増えてきます。
息苦しいとお腹も張ってきて心配になってしまいます。
でも、今年はお薬飲めないし…
昨日今日の症状はたまたま、気のせいだと言い聞かせてなんとかこの季節を乗り切りたいものです。

久しぶりに見たい映画だっ

Posted 3月 17th, 2014 by user

ここ最近は旦那が行きたいって映画ばっかり見てた気がする。
アクション系も嫌いではないんだけど、どっちらかといえばファンタジーが好きなんですけど、
あんまりホビットは見に行く気にならないんだよね。

そんなわけで、明日はアナと雪の女王を見に行ってきます!
アニメーションなので吹き替えで(笑)
もともとディズニー映画が好きなんだけどCM見ると松たか子がめっちゃ歌が上手くて期待しまくり。

楽しみすぎる。

今日はレディースディだったから行けたら良かったんだけど、仕事が長引いちゃったので諦めた。
DVD待ちしようかなー。

ウォルトディズニーの約束も見れたらいいなー。
メリーポピンズはすごい好きなだけに多少はストーリーとして盛ってあるんだろうけど、裏側のストーリーが見たいな。
とりあえず、見に行けなかったとしてもパンフだけは明日買ってこよ!

年金を当てにできない世代

Posted 3月 5th, 2014 by user

年金をあてにできない若者が増え、その生活をどうすべきか、あちこちで若い人の声を聞く。
しかも企業を当てにするもの危険だと、最近自衛で何かをやりたい若者が増えた。

ですが、母は言います。
「私たち、もしやあなたたちと同じなのか、
 それとももっとひどいのか?だって、なんの準備もしてなかったもの。

と。

と言うのも、父は、若い時代、20年を海外で過ごし、年金をかけないまま、気ままに過ごしてしまったからだ。
あらァ、私はそんな人と再婚をしたのねと、再婚後10年を経て今、そんなことに気がつくのだとか。

仮に、70歳まで働いたとしても、何?たったの月々2万円しかもらえない?
自分だって月々4万円に満たないのだから、これはなんとかしなくっちゃ。
そう母が気がついたのはほぼ1年前のこと。

その準備、いつやるの?今、彼がまだ仕事しているあいだに・・でしょ?

本当だったら、どこか田舎に住みたかったそうです。
でも、実家は、20年以上、留学生に部屋貸しをして、わずかのお礼を母の小遣いにしてたのだ。
3つの部屋にはほぼすべての家具が揃ってる、これを利用しないわけには行かないと、
この2月末から更に下宿屋らしくいたしました。

さて、不動産業界に初めて顔を出したそうです。
なかなか決まらないようだけど、ホントの老後のために少しだけでもその収入を当てにできたら儲けものかも?